コラム一覧

DATE:2020.03.12

CATEGORY:コラム

バンドソーの高価機会買取について

使っていないバンドソーを機械買取に出そう

切断する上で欠かせに電動工具といえば、バンドソーです。
バンドソーの魅力は、火花が散らない、切断面が綺麗、負荷をかけずに切断ができるということです。
また、切断音が他の電動工具を比べて静かであることも魅力のひとつです。
切断する作業が多い業者は、ひとつは持っておきたい電動工具でしょう。
しかし、バンドソーを新品で購入すると高いです。
そのため、中古でバンドソーを買い求める人が多くいます。
使わなくなったバンドソーがある場合は、機械買取に出してみてはいかがでしょうか。
需要があるため、高価機械買取ができる可能性があります。
使わなくなったバンドソーを倉庫の中で眠らせておくと、自然に劣化してしまい動かなくなるため、高価機械買取が可能だった電動工具も、買取が不可能になってしまうのです。
使わなくなったバンドソーや、買い換えようと検討している人は、できるだけ早く機械買取に出しましょう。

高価機械買取のポイント

バンドソーを高価機械買取に出すポイントがあります。
基準となるのは、動くか動かないかです。
また、種類によっても価格が異なります。
一番安いもので、1万円程度での買取になり、高いもので6万円ほどでの買取になります。
状態がよく、新品に近いバンドソーは高価機械買取が期待できます。
しかし、使用感があるものは価格が低くなってしまうため、できるだけ綺麗な状態にしておきましょう。
機械買取のためだけに修理に出す必要はありませんが、自分自身でできる範囲で綺麗に掃除をしておくことをおすすめします。
また、購入時と近い状態にしておくこともポイントです。
例えば、取扱説明書や付属部品、電動工具が入っていた箱、ケースなどがあれば一緒に機械買取に出しましょう。
バッテリーがある場合も買取金額のアップにつながる可能性があります。
ケースや取扱説明書があるか、ないかで金額が大きく変わってくるため、確認してみてください。
新品に近い状態で、付属品が揃えられているバンドソーは通常の中古よりも高価で買取ができる場合があります。

DATE:2020.03.12

CATEGORY:コラム

鉄筋カッターの機械買取について

鉄筋カッターを機械買取してもらうときのポイント

買取サービスは、様々なジャンルで注目されています。
鉄筋カッターは、買い取ってもらえる物の中でも意外な種類に挙げられるでしょう。
機械買取を専門とするショップにおいて、工具ジャンルにて買取が可能です。
状態によっては、同じ鉄筋カッターの機械買取でも相場以上の価格も期待できます。
主な高価買取のポイントとしては、まず丁寧に扱っているかどうかです。
そのため、鉄筋カッターの扱い方次第で状態が悪くなることもあります。
また、油圧オイルの種類も重要です。
純正のオイルか他社製かでも、状態は異なるでしょう。
機械買取査定時に、その旨を伝えるだけでもより高く見積もってくれるかもしれません。
鉄筋カッターは、土地の基礎工事現場において鉄筋を油圧切断する工具です。
鉄筋を切断している際には、非常に危険なため、鉄筋カッターで作業している人に近づいてはなりません。
他にも、電動工具やコードにも触れないように気をつけることも大切です。
さらに、使用の際にはヘルメットを被り、ゴーグルや防塵マスク、工事現場用の厚手の靴を身につけましょう。
事故に繋がらないように、鉄筋カッターを使用する際には安全確認が欠かせません。

鉄筋カッターの機械買取における相場

鉄筋カッターの機械買取における査定価格は、前述のポイントも影響しますが、それ以上にメーカーや種類も重要となります。
同じ鉄筋カッターという工具であっても、種類によって相場に幅があるのです。
例えば、人気の高い種類であれば約70,000円が相場である一方、比較的手に入りやすいメーカーのものは新品価格に限らず30,000~50,000円ほどが中古上値の相場となっています。
しかし、基礎工事において重要な工具であり、代用のききにくい存在なので、数万円になる場合がほとんどです。
キズの有無や、泥、ほこり、集塵といった汚れをきれいに落とせているかどうかでも、評価は変わってくるでしょう。

DATE:2020.03.12

CATEGORY:コラム

ハンドソーのパンチャーの高価機械買取について

穴をあけるための油圧パンチャー

油圧パンチャーは鋼板やステンレス板の様な硬い材質に穴をあける機械です。
人の力では決して穴を空けられないような頑丈な鉄板を、油圧の力で圧力を増し、穴を空ける工具になります。
配線や配管を通すためには、どうしても穴をあげなければいけないでしょう。
そんな時に使われるのが、油圧パンチャーです。
工場だけではなく、工事現場でも利用されている油圧パンチャーは、利用頻度の高い機器といえます。
使わなくなった油圧パンチャーは、機械買取に出してみると良いでしょう。
利用者も多いので、中古市場でも高価買取されている機器の一つです。
機械買取では、油圧パンチャーを査定する際にポイントがあるので、知っておきましょう。
機器の状態は査定に大きく影響するので、汚れや傷のない状態の良いものは、査定も高くなります。
油圧パンチャーの本体だけではなく、付属品も査定に含まれるのです。
付属品の有り無しや、状態などでも査定結果は大きくかわります。
機械買取では、細かに状態を確認するため、付属品にも気をつけておくことがポイントです。

機械買取で買い取り価格をアップさせるには

不要になった油圧パンチャーを買い取りしてもらうときには、油圧の状態が重要です。
油圧に問題があるものは使えないので、買い取ってもらうのは難しくなります。
特にオイルの状態は、査定でも確認するので、しっかり整備しておくようにしましょう。
油圧パンチャーは、金属に穴を空ける製品のため、穴を空けた後にスムーズにパンチャー部分が自動で戻ってくるか、1回あたりのパンチングに何秒間必要なのか、といった作業効率のスピードも、製品の価格や性能を示すポイントになります。
このような性能が高い油圧バンチャーで状態の良いものは、高価で買い取ることができるでしょう。
また、油圧バンチャーを製造、販売しているメーカーは世界中にあり、機能も様々です。
電源から離れたところでも使用できるものや、コンパクトで軽量化が計られたものほどより高い値段が付いています。

DATE:2020.03.12

CATEGORY:コラム

便利な鉄筋カッターの機械買取のポイント

不要な鉄筋カッターは機械買取に

不要になった鉄筋カッターを持っている人もいるのではないでしょうか。
鉄筋カッターとは、鉄筋を切る機械ですが、使用していない鉄筋カッターがある場合は、機械買取に出すのがおすすめです。
鉄筋カッターの機械買取のポイントを知っておきましょう。
最も大切なポイントは、電動で鉄筋が切れることです。
有名なメーカーや商品に関係なく、現場で使用できる鉄筋カッターの方が価値は高くなります。
また、切れる大きさもポイントの一つです。
13ミリ、16ミリと切れる大きさが大きいほど機械買取における価値が高くなる傾向にあります。
新しいもの買い換えようと検討している人は、十分に使用できる状態で機械買取に出しましょう。
現場で使用できない鉄筋カッターは機械買取に出しても、価値がないため、高額で買取してもらうことが難しいです。

鉄筋カッターの状態を確認しよう

鉄筋カッターはコード式と充電式がありますが、充電式の方が機械買取における価値が高い傾向にあります。
注意しなければならないポイントは、動作の安定感です。
動作中に、不安定になる鉄筋カッターは火花が散ったり切れなかったりすることがあります。
この場合、機械買取に出すことが難しいです。
動作が不安定な場合は、動作部分に機械油をかけて何回も動かしてみてください。
動作不良が改善する場合があります。
改善しない場合は、機械買取ができないでしょう。
鉄筋カッターのベアリングや油圧部分の確認をするために、中身を分解する人もいますが、分解した後は必ず元どおりに組み立てなければなりません。
中身は分解せず、自分ができる範囲で綺麗に掃除する程度にしましょう。
汚れがひどい場合は、買取額が下がってしまうことがあります。
また、オイル、風窓、溝の状態も機械買取のポイントです。
切れない鉄筋カッターを修理に出し、機械買取に出すことが可能ですが、機械買取の額よりも修理費の方が高くなることもあります。
修理した後に使用するのであれば問題ありませんが、切れなくなったあとに機械買取に出すのはおすすめできません。
少しでも高額で機械買取をしてほしい人は、ポイントに注意してみてはいかがでしょうか。

DATE:2020.03.12

CATEGORY:コラム

パイプベンダーの機械買取について

パイプベンダーとは

パイプベンダーはパイプ専用の機械で、常温でパイプを曲げることができます。
パイプベンダーの特徴は、パイプを平らにせずに滑らかな曲がり角形状をつくることです。
鉄鋼やステンレス、アルミニウム、銅などからできているパイプを曲げることができ、一般的な機械から油圧式のパイプベンダーなど様々な種類があります。
通常、空調機の配管や電線管、自動車のマフラー、ブレーキパイプなどの配管を曲げたり、テーブルや椅子の足などを加工したりする際に使用することが多いです。
パイプベンダーを使用している業者や企業もあるでしょう。
不要なパイプベンダーがある場合は、ゴミとして処分するのではなく、機械買取に出すことをおすすめします。

不要なパイプベンダーを機械買取に出すときは

パイプベンダーは、業者や企業だけでなく一般家庭においても使用することがあります。
例えば、家庭菜園のためのビニールハウスをつくるときや、DIYが趣味という人はパイプベンダーがあれば非常に便利です。
幅広い分野で使用されるため、需要がある機械と言えます。
個人的に使用するためであれば、新品のパイプベンダーを購入するのはもったいないです。
そのため、中古のパイプベンダーを求める人が少なくありません。
需要があるパイプベンダーは高額で機械買取してもらえる可能性があります。
不要なパイプベンダーを機械買取に出す際のポイントは、購入年、メーカー、型式、使用期間を把握しておくことです。
購入時に近い状態で機械買取に出すと高額になる傾向にあります。
取扱説明書やケース、部品など付属品も一緒に機械買取に出してください。
できるだけ綺麗な状態にしておくことも大切です。
傷が多数ある、擦り傷が目立つ、錆びやグリス汚れがある、ひび割れ、欠けている場所があると買取金額が低くなります。
また、ハンドルやバーが変形している、ダイヤルがスムーズに回転しない、ネジがない、緩いなども買取金額が低くなるポイントであるため、できるかぎりメンテナンスをして状態を良くしておきましょう。
不具合も機械買取をする上で大きなポイントになります。
加工時間が長くないか、材料に支障はないかを確認してください。
不要なパイプベンダーを一度、査定に出してみてはいかがでしょうか。

カテゴリーリスト

Copyright© 中古機械の買取で60年以上の実績|有限会社神鋼商会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.