コラム一覧

コラム
COLUMNコラム

コラム一覧

DATE:2020.02.14

CATEGORY:機械買取コラム

中古機械・溶接機の種類と、買い取りしてもらう時のポイント

溶接機の種類について

ひとくちに溶接機と言っても、その用途や手法によって様々な種類を考えることができます。
基本的には、溶接を行う方式により「TIG溶接機」、「半自動溶接機」、「アーク溶接機」、「エアープラズマ切断機」などに分けられます。
これらはすべて一長一短あり、どの手法が完ぺきなのか、ということを決めることはできません。
そして、上記の溶接機の動きを制御するためには、いくつかの方法があります。
それらはサイリスタ制御、インバータ制御、デジタル制御などそれぞれに名前が付けられていますが、実際にはデジタル制御の溶接機が最も高額な買い取りが可能になることが多いようです。

溶接機の中古機械の買い取りについて


では、これから自社で所有している溶接機を買い取ってもらうとしたら、具体的にどのようにすればいいのでしょうか。
それは、溶接機の機械の価値や特徴を正確に判断し、査定できる専門業者に引き取りを依頼することが重要なのです。
溶接機の特徴や、中古機械についての認識が乏しい業者の場合、適正な金額での取引ができるかどうかはわかりませんし、最悪の場合は売却するにあたって自分が損をすることにもつながりかねないからです。
ですから、どのような商品が市場価値が高いかを把握し、その経験を最大限に生かして顧客の要望を叶えることのできる専門業者を活用しない手はないのです。

中にはネットを活用して中古機械を個人で販売する人もいますが、どちらかといえばマイナーなアイテムのため、すんなりと買い取り希望者が現れることは少ないでしょう。
また、取引が成立したとしても状態や性能面についてなどで、後々トラブルになる可能性もあるので、やはり信頼のおける中古機械専門の買い取り業者に任せることが無難であると言えます。
そのほかで注意したいのは、あらかじめその業者についての口コミ評価をチェックしておくこと、また中古機械の相場価格をつかんでおけば、損をする可能性がグンと減ることでしょう。
買い取り査定を依頼するときは、こうしたポイントをきちんと把握しておきましょう。

DATE:2020.02.14

CATEGORY:機械買取コラム

中古機械・発電機の種類と、 買い取りしてもらう時のポイント

中古機械・発電機の種類について

事業用としてだけでなく、個人的に、中古機械や発電機を所有しているということもあり得ます。
必要がなくなれば場所を取るだけの不要物になってしまうので、できるだけ早いうちに買い取りをしてもらうようにしてください。
実際にどういった中古機械や発電機を買い取りしてもらえるのか、その種類を見ていきましょう。

まずは溶接機が挙げられますが、多種多様なものがあり、大型のものも手持ちできるサイズのものもあります。
他には板金をするための機械や鍛圧機械、工作機械など、様々なものがあります。
そして、意外と高値で買い取りしてもらえるのが発電機です。
発電機といってもガソリン発電機やディーゼル発電機などもあり、さらには防音型発電機というものもあります。
小型の発電機もあれば、事業用で使うような大きなものもあり、種類はかなり多いのが特徴です。
中古機械や発電機の種類によって、買い取り価格が決まるといっても過言ではありません。

中古機械・発電機を買い取りしてもらう際のポイントとは

不要になった中古機械や発電機を売却する際に考えることといえば、少しでも高い価格で買い取りをしてほしいということでしょう。
重要なことがいくつもありますが、まずは査定前には必ず掃除をしてください。
中古機器や発電機を収納していた場所によっては、かなり汚れてしまっているケースもあるでしょう。
可能な限りそれを清掃して、綺麗な状態で査定に臨むのがベストでしょう。
業者によっては買い取り不可なメーカーや機械の種類があるかもしれません。
不当に安く査定される可能性もあるので、複数の店舗に持ち込んで査定を受けるというのが重要なポイントです。
そして、専門的な知識を有しているスタッフがいるところに売却をするのも大事です。
中古機械や発電機というのは、専門知識がないと、価値があるのかないのか分かりませんから、十分な買い取り実績がある業者を選定したいものです。

DATE:2020.02.14

CATEGORY:機械買取コラム

中古機械・旋盤の種類と 買い取りしてもらう時のポイント

旋盤の種類について

部品製作などには欠かせない旋盤ですが、実は一口に旋盤といっても多くの種類があります。
多くの工場に最低でも一つは旋盤があると思われますが、すべての種類の旋盤をそろえているところはまれでしょう。
旋盤の種類をそれぞれ説明していくとともに、中古機械としての買い取りについても注意点などを説明します。
中古機械の売却などを考えているのであれば、知っておきたいポイントは多々あるでしょう
まず旋盤の種類ですが、普通旋盤、卓上旋盤、正面旋盤、NC旋盤などがあります。
普通旋盤は一般的に想像するものに近いもので、多く流通しているものと言ってもいいでしょう。
そして卓上旋盤はサイズが小型であり、作業を行う台などの上に設置して使用するものです。
小型の部品や商品の製作に適しているといってもいいでしょう。
正面旋盤は主軸が大きく、作業者に面した形で配置されているものです。
そしてタレット旋盤とは、使用する刃物が複数になる場合に、刃物台を回転させることによって容易に切り替えられるものです。
NC旋盤とは数値制御装置を設置して、刃物台の動いた距離などを数値制御できるようにしたものですが、通常NC旋盤はタレット旋盤でもあります。

中古機械の売却の際の注意点


こうした旋盤を含めた中古機械の売却の際に気を付けなければならない点は、機械の状態がいいのかどうか、メーカーなどのアフターサービスは付帯しているのか、ということです。
中古機械はそもそも故障なども考えられるものですから、アフターサービスを受けることのできない海外産のものであると、ほとんど中古売却として値段がつかないといってもいいでしょう。
そしてNC旋盤を売却する際には、テールストックがついている点が大きく買い取り価格を左右します。
これがついているかどうかで、査定価格が3割ほど違ってきてしまいます。
そして買い取り実績がある業者を選ぶことも、売却の際に注意すべき点です。

DATE:2020.02.14

CATEGORY:機械買取コラム

中古板金機械の種類と、買い取りしてもらう時のポイント

中古板金機械を買い取ってもらう業者を選ぶ

まず買い取り業者を選ぶ時のコツとして、機械購入先や同業者とのネットワークを広く持っている業者に選ぶことが重要です。
広いネットワークを持っていることで、購入先が数多く有り、その分ある程度高い値段でも早く中古在庫を取り揃えたいという心理が働くためです。
買い取りの相談をしに行くとき、買取業者にどれくらい多くのネットワークがあるのかを聞いてみるといいでしょう。

売却する板金機械を清潔にする

別種の買い取り商品でも共通するように、高価査定の大切なポイントは売却前に汚れを落としてなるべく綺麗な状態で査定をしてもらうことです。
見た目がキレイなだけでもそれだけで査定時に大きくプラスに働きます。
なぜなら清掃し直すため買い取り業者側コストが減るためです。
また、査定に出すときは機械画像を添付しますが、その時に映る工場の様子も査定時に見られるので、機械周辺も整理整頓し綺麗な状況で写真を取りましょう。

機械の資料をわかりやすくまとめておく

取扱説明書、仕様書、図面等、機械に関わる全ての資料が揃っていることはもちろん、その資料がわかりやすくまとめてファイリングされていることも重要です。
それぞれの資料は再度取り揃えるために1万円ほど買い取り手が負担しなければならないためです。

DATE:2020.02.14

CATEGORY:機械買取コラム

中古機械・コンプレッサの種類と、買い取りしてもらう時のポイント

中古機械・コンプレッサの種類について

中古機械の中にはコンプレッサがありますが、これは空気を圧縮して高い圧力の空気を作成するものです。
もちろん一般家庭では使用しませんが、多くの工場などでは使用されています。
コンプレッサにもいろいろな種類がありまして、大きく分けると、ターボタイプのものと容積タイプのものに分けられるでしょう。
ターボタイプのものには、遠心力を効果的に使用する遠心式コンプレッサと翼の回転を用いる軸流式コンプレッサが存在しています。
この2つは同じタープタイプのコンプレッサですが、特徴は異なっています。
そして容積タイプについては、往復式と回転式があります。
往復式はダイヤフラム式とピストン式に分かれており、さらに回転式はねじタイプや稼働翼タイプ、スクロールタイプ、クロータイプにも分かれているのです。
またコンプレッサの種類は上記した分け方以外にも、潤滑方式で分類することも可能でしょう。
給油をするタイプ、ドライオイルフリータイプ、水潤滑式オイルフリータイプがあります。
中古機械市場にも出回っているコンプレッサには上記のような種類がありますから、買い取りしてもらう際などには参考にすべきでしょう。

中古機械・コンプレッサを買い取りしてもらう時に意識すべきこととは

中古機械・コンプレッサですが、買い取り依頼時に高価査定を希望するなら、やはり美品でないと厳しいかもしれません。
やはり業者側も買い取りした後販売しますから、状態はシビアに見られます。
そして機能性も判断材料になりますので、当然高機能を有するコンプレッサだと高値が付きやすいです。
他にはメーカーも重要視されがちですし、何よりも大切なのは自動車などと同様、型番や製造年になるでしょう。
それにコンプレッサを使用頻度も状態に反映されます。
もし不要だと感じた場合は早めに買い取り依頼をすることで、高い査定金額が付きやすくなると思われます。

カテゴリーリスト

Copyright© 中古機械の買取で60年以上の実績|有限会社神鋼商会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.