工作機械のあれこれ種類に関して

コラム
COLUMNコラム

工作機械のあれこれ種類に関して

DATE:2014.07.10

CATEGORY:中古機械

中古機械・中古工具のあれこれをポイントをまとめてお話します!

第二回目は・・・

その種類!

工作機械にはたくさんの種類があり、カテゴリ分けをしている会社さんもたくさん

ありますよね。

大きくは、

汎用機 と NC機に区分されます。

 

汎用機には、フライス盤、旋盤、ボール盤、研削盤、キー溝加工機、ブラスト装置類が

ありまして、その中にはまた区分があります。

対して、NC機。こちらにはマシニングセンタ、NC旋盤、NC研削盤、NC放電加工機、レーザー加工機、歯切り盤、歯車研削盤などがあります。

そもそも汎用機とNC機って何が違うのか!?

ですよね。

汎用機は・・・ 基本的な操作を覚えれば多くの種類の部品が作れる。

また、加工を始める前の段取りが短時間でできる。

単品加工品などは汎用機のほうが速くできるときがある。

ただし、球面や曲面加工が苦手かも・・・といったところ。

対するNC機は、NC(Numerical Control)とはコンピュータ制御のこと。

NCプログラムを準備、工具やワークの段取りなど段取りが長時間になりますが

全てを終えると加工が速く、量産加工に向いています。

また、曲面や複雑な形状加工も得意です。

 

色んな機械があるんですよね。

なので、あなたの工場や作業場にあるもの、なんでもかまいません。

お気軽にお電話ください!

カテゴリーリスト

Copyright© 中古機械の買取で60年以上の実績|有限会社神鋼商会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.