工作機械の稼働監視システム

コラム
COLUMNコラム

工作機械の稼働監視システム

DATE:2020.11.30

CATEGORY:工作機械

工作機械が正常に稼働しているかチェック

工作機械がしっかりと正常に稼働しているということは、当たり前ですが、非常に重要なことです。
ちょっとした不具合が起きただけでも、稼働率が低下してしまい、生産性が大きく落ちてしまいます。

そのことから、工作機械が正常に稼働しているか、稼働状況に問題はないかを監視するため稼働監視システムの導入が必要です。

多くの工場では、そのような稼働状況を教えてくれる稼働監視システムを導入し、稼働率をモニタリングしています。

製造装置のIoT化によって、稼働状況を常に把握することができるため、稼働監視システムを導入することで、生産性を上げられます。
また、システムエラーがあり工作機械が停止したときなどは、すぐに知らせてくれるというメリットがあります。

人がいない夜間帯、自動運転時、遠方の工場などでも対応可能なため、リアルタイムで稼働状況を把握することができるのです。
工作機械の稼働監視システムを導入することで、さまざまなメリットがあるため、大手製造業などでは、工作機械の稼働監視システムを採用し、生産性の向上や、未然に故障、トラブルを防げるように対策をしているところも多くあります。

稼働状況を把握することが大切

稼働状況を把握することは、管理者にとってとても重要です。
もし、稼働状況を把握していなければ、部下への指示もままならず、さらに、なぜ機械が停止してしまったのか、どこでエラーが起きているのかを知ることができません。

そのために、稼働状況を把握するということは、管理者は必須と言えます。
それにより生産性が大きく変わってくるので、正確な稼働状況を把握しなければならないのです。

そこで、稼働監視システムを導入することにより、管理者はいち早く稼働状況を確認することができ、BIツールによって機械の停止した原因をチェック、分析することが可能となります。

機械に何かトラブルが起きてしまい停止してしまったときは、管理者にメールで通知してくれるため、リアルタイムで常に機械の稼働状況をチェックできるのが特徴です。

万が一システムエラーで停止してしまったとしても、再稼働までスムーズに行くため、稼働率が上がります。
また、正確な稼働時間をしっかりと把握することが可能なため、指示書の精度が上がるという効果も期待できるでしょう。

工作機械の稼働監視システムを作り上げることで、業務の効率化、生産性のアップが見込めるのがメリットになります。
機械の停止原因を素早く特定、把握することにより、稼働率が大きく向上できるのではないでしょうか。

生産性がアップすることで、無駄な時間を減らすことができますし、残業時間を減らすなどの効果も期待できるため、コストカットを考慮しても有効と言えます。

遠隔モニタリングで離れていてもリアルタイムで稼働状況がわかる

一昔前であれば、そこに居なければリアルタイムでの稼働状況がわからず、稼働率を知る余地はありませんでした。
しかし、現在では遠隔モニタリングシステムによって、遠くに居てもリアルタイムで機械の稼働率がわかります。

製造装置のIoT化によって、稼働監視システムを作り上げることができるため、リアルタイムで常に知りたい情報を知ることが可能となりました。
システムエラーの原因、稼働状況、稼働率をリアルタイムで把握することが、生産性の向上につながり、目標達成への近道となるのです。

遠隔モニタリングで遠方にある工場の稼働状況を把握できるため、その場所に居なくても常に状況を把握することができます。
これは、製造業において画期的なシステムでしょうし、業務の効率化を考慮しても、非常に魅力的と言えます。

導入費用は高いですが、将来的なこと、生産性、リターンを意識すれば、導入するメリットは大きいでしょう。

人手不足にも有効なモニタリングシステム

工作機械の稼働監視、モニタリングシステムは、人手不足にも非常に有効です。
自動化にも対応しているため、さまざまなシステムエラーもいち早く知らせてくれるのです。
リアルタイムでエラーの原因、稼働状況を把握できます。

稼働監視システムを導入していなければ、常に人がエラーのあった箇所に出向き、再稼働をしなければなりません。
しかし、稼働監視システムによってモニタリングが可能となり、リアルタイムでいつでもどこでも監視できる体勢が整っているのです。

これにより、深刻な人手不足を解消する有効な手段にもなるため、製造業ではかなり期待されているでしょう。
稼働状況をしっかりと把握したい!稼働率を上げて生産性をアップさせたい!そのような場合に効果的です。

工作機械の稼働監視システムを導入するのは決して簡単なことではありませんが、それでも導入する価値は大いにあります。
将来のことを考慮しても、製造装置のIoT化によって稼働監視システムを作り上げるのは、とても魅力的な手段ではないでしょうか。

カテゴリーリスト

Copyright© 中古機械の買取で60年以上の実績|有限会社神鋼商会 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.