工作機械のオーバーホールにかかる費用

コラム
COLUMNコラム

工作機械のオーバーホールにかかる費用

DATE:2020.11.30

CATEGORY:工作機械

いくら費用がかかるのか知っておくことが大切

古くなった機械をしっかり正常な状態で使用したい場合、オーバーオールをして製品を部品単位まで分解しキレイに清掃して、再組み立てを行うことが必要になります。

工作機械のように、かなり緻密でちょっとした誤作動も許されないものであえば、なおさらオーバーオールは重要です。
そんな工作機械のオーバーホールにかかる費用ですが、大型の工作機械になればなるほど高くなり、相場は購入金額のおおよそ半分ほどと言われています。

もし、購入金額が3000万円だったとすれば、オーバーホールの費用として1500万円ほどかかる可能性があるでしょう。
ただし、場合によっては機械を購入した金額と同じくらいになる場合もあるため、そこは注意が必要になります。

そのこともあり、オーバーホールに一体どれくらいの金額がかかるのかを事前にリサーチし、相場を知っておくことが大切です。
そうしなければ、思っていたよりもかなりの費用がかかってしまったということにもなります。

それでも、廃棄をするにもかなりの費用となりますし、資源や労力が必要なことを考えると、オーバーホールをすることで業務効率化が期待でき、経費削減などメリットが大きいでしょう。
そして、NCレ卜ロフィットやリプレースを同時にされることで、先端的な性能の実現も期待できるのです。

30年以上使用した工作機械のオーバーホールも可能

自社で30年ほど使用している工作機械をオーバーホールしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか?
その場合、京二が提供している「三宝精機工業のオーバーホール」がマッチしています。

理由は、高度な技術と丹念な作業によって再生可能な部品をすべて利用することができ、JIS規格の誤差範囲をクリアできる新品と同様の精度にすることが見込めるためです。

これにより、古い工作機械でも問題なくよみがえらすことができるので、買い替えをお考えの場合でも、オーバーホールによってお使いの工作機械を新品同様にさせることが可能です。

もちろん、かなりの費用はかかるのですが、それでもオーバーホールをすることで、買い替えをせずに済む可能性が高くなり、コストを考えた場合に有利となるでしょう。

30年、35年といった長い年月を使用した工作機械でも、オーバーホールで新品のような美しさと優れた機能性にすることが可能なのです。
愛着ある工作機械を手放したくない!という場合にも最適でしょうし、オーバーホールという選択肢もアリではないでしょうか。

オーバーホールで機能性をアップさせることもできる

オーバーホールをすることでのメリットは、単純にキレイになるということではなく、機能性もアップさせることができるという点です。
機能を追加、拡張させることにより、より長く安定的に起動させることが可能となり、先進的にカスタマイズさせることもできます。

そのことから、オーバーホールにより、工作機械の寿命を延ばせる効果も期待できるのです。
今よりもっと機能性を良くしたいとお考えであれば、オーバーホールをし、機能性をアップさせるのも方法となるでしょう。

少しでも長く工作機械を起動できれば、コストカットの面でも有利となり、かなりのメリットを感じられるのではないでしょうか。
オーバーホール+改造で寿命を長くし、機能性を良くさせることができるのです。

モノづくり、業務の効率化に欠かすことができない工作機械ですし、性能をアップさせ、長期寿命となるようにできれば魅力的でしょう。

お使いの工作機械が古い場合、オーバーホールをするということも視野に入れるのが良いかもしれません。

オーバーホールで長期的に工作機械を活用

オーバーホールを行うことで、寿命を長くさせられます。
スプラッシュガードを取り付け研削液による腐食を減らし、長寿命化できるようにするのです。

経年劣化によって工作機械は機能性が衰えたり、腐食してしまったりと、何かと心配なことがあります。
しかし、対策をすれば寿命を延ばすことが可能なのです。

10年、20年と言わず、30年以上使用することができるのが工作機械なので、さらに寿命を延ばせるように、オーバーホールも有効な対策となるでしょう。

機械の購入金額の半分ほどの費用がかかるオーバーホールですが、それでも機能性を高め、寿命を延ばすことも可能なため、買い替えをするのは難しいという場合に最適です。

使い慣れた工作機械を手放すのは惜しいという場合にも、オーバーホールという選択肢は大いにアリではないでしょうか。
用途に合わせてアップグレードすることもできるオーバーホールなため、非常に有効な手段と言えます。

最近工作機械の調子が良くないという方でしたら、オーバーホールを行ってみるのも良いかもしれません。
そうすることで、機能性がアップし、以前よりもスムーズに機械が稼働する可能性があります。
寿命のことも考えて、オーバーホールを考えるのも方法の1つです。

カテゴリーリスト

Copyright© 中古機械の買取で60年以上の実績|有限会社神鋼商会 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.