溶接ロボットを機械買取してもらう際のポイント

コラム
COLUMNコラム

溶接ロボットを機械買取してもらう際のポイント

DATE:2020.03.12

CATEGORY:機械買取コラム

溶接ロボットとは

溶接は高熱と紫外線、ヒュームを発生させる過酷な作業ですが、物づくりには欠かせないため、溶接ロボットの需要が高くなっています。
溶接ロボットには主に、スポット溶接とアーク溶接を行う2つの種類です。
また、数は少ないですが、レーザー溶接やガス溶接を行うものがあり、スポット溶接は比較的、大型な溶接ロボットが用いられ、自動車の車体溶接ラインなどでよく使用されます。
アーク溶接ロボットは、小型なものが多く、溶接部分を水平に保つ必要があるため、ワークを保持するポジショナーなど周辺設備が大きくなり、建設機械や鉄骨フレームなど様々な溶接に使用されているのです。
溶接ロボットのメリットは、作業の標準化やミス防止でしょう。
また、長く使うことで人件費や資材の削減になることや、スピードアップ、生産管理の効率化、稼働率向上などたくさんのメリットがあります。
そのため、溶接ロボットを使用している企業も多いのではないでしょうか。
さらに、事業を辞める人や、新しい溶接ロボットの購入を検討している人も多くあるはずです。

溶接ロボットに処分費用をかけない

溶接ロボットは、主に工場で使われるものですが、不要になった溶接ロボットはいつまでも置いておくわけにはいきません。
早く売却、処分したいと考えている人もいるのではないでしょうか。
溶接ロボットは低価格の機械ではないため、売却時には少しでも高い価格で買取をしてもらいたいと考えるでしょう。
そのような場合は、専門の機械買取業者や電動工具を取り扱っている業者に売却するのがおすすめです。
リサイクルショップでは買取が不可能な場合があり、処分費用が掛かるか、無料で引き取ってもらうことくらいしかできません。
専門の機械買取業者や、電動工具を取り扱っている業者であれば、高額で売却が可能です。
売却時に少しでも高く買い取ってもらうためのポイントがあります。
これから溶接ロボットの売却を検討している人は覚えておきましょう。

使用しない溶接ロボットは売却しよう

溶接ロボットを機材買取に出す場合、リサイクルショップなどで売却するのは困難です。
そのため、機材買取専門業者や、電動工具の買取を行っている業者に売却しましょう。
リサイクルショップなどでは専門知識がある人がいない場合が多いため、溶接ロボットの正しい価値を判断し、査定することができません。
機材買取専門業者や、電動工具の買取を行っている業者であれば、知識があるため、使用年数や状態など隅々まで確認し、適正な買取価格を提示します。
査定価格が、素人や通常のリサイクルショップでは難しい溶接ロボットですが、機材買取専門業者や電動工具の買取業者に売却すれば安心できるのではないでしょうか。

溶接ロボット売却時のポイント

売却ポイントは、付属品があれば必ず一緒に売却することです。
使用方法を収録したDVDや、紙の説明書など些細なもので構いません。
また、保証書があり、保証の期間内に入っているものであれば、一緒に持っていきましょう。高価買取の対象となります。
また、付属品があるかどうかで大きく買取価格が異なり、状態を綺麗に掃除することも買取価格を高くするポイントです。
埃や汚れをできるだけ綺麗に拭き取りましょう。
溶接ロボットが複数ある場合は、ひとつだけ売却するよりも複数をまとめて売却する方が、買取価格は高くなる可能性があります。
そして、溶接ロボットの売却時に、明らかにひどい故障をしている場合は機械買取することが難しいため、注意が必要です。
大切なのは、買取先選びもあります。
業者によって買取価格が異なるため、サービス内容や価格に納得できる業者を選びましょう。
使用できる溶接ロボットは高額で買取できる可能性があるため、専門の機械買取業者や電動工具を取り扱っている業者に売却することで、処分費用を削減することができます。

価値が知りたい人や買取価格によって売却を考えたい人は一度、査定に出してみてください。

カテゴリーリスト

Copyright© 中古機械の買取で60年以上の実績|有限会社神鋼商会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.